本当に使える英語を最短・最速で身につけるために。

本当に使える英語を最短・最速で身につける方法。

絶対やってはいけないこと。
・参考書の最初のページから一字一句読み飛ばさずに
丁寧に理解する
・いろんな参考書に浮気する

参考書は復習がカギです。
これと決めた参考書を何回も何回も
復習するのが何よりも大事。

次々と新しい参考書に手を出しても
何も身に付かずに終わります。

そして身に付けたい分野から始めること。
思いっきり偏ることです。
偏りがめちゃ大事。

自分が何のために英語を学習するのかを
具体的に考えてください。

商談で英語を使いたいのに、
英会話教室に通って「日常英会話」から
学ぶなんてのは遠回りの極みです。

私の場合は広告の営業で英語を使っていたので
まず広告業で使う英語に絞り込みました。
単語や言い回しも広告業で必要そうな
用語だけ片っ端から覚えます。

費用対効果・・・cost performance
反応率が良い・・get a good response rate

などなど。

商談シーンを具体的にイメージして
その場で使いそうな例文や単語をピックアップし、
ひたすら復習&暗記。

広告用語はかなり詳しいけど
それ以外はほぼ知らない。
そんな状況で全く問題ありません。

使う場面がハッキリと分かっているので
単語の吸収度もめちゃくちゃいいです。

英語を学びたいなら外国人の恋人を作れって言うけど
あれも全く同じ原理です。

『彼・彼女に自分の気持ちを伝えるには
何て言えばいいんだろう。」
「商談を成約させたい。
何て伝えればいいんだろう。」

「あ、こんな言い方するんだ!」
「今度この表現使ってみよう!」

この体験を積み重ねることが大事です。

動機はさておき、使う場面がイメージできれば
英語はぐんぐん上達します。

アウトプットするシーンが具体的であればあるほど
インプットの吸収度が段違いに変わってくるし、
モチベーションが下がる速度も緩やかです。

英語に限らずただ漠然と勉強していても
何も学べません。

なぜ勉強する必要があるのか
これを勉強して将来どんな自分になりたいのか。

勉強する前にちょっと考えて見てください。

やる気が無くなったときも
学ぶ目的を思い出せば、またメラメラと復活できます。

「何となく英語でも勉強するか」ではなく、
いつかの海外駐在のためとか、
今度こそ金髪の恋人作るためとか、
有給使って海外に行くためとか、
具体的に英語を使うシーンを設定するのが
まずは第一歩。

健闘を祈る!