起業のネタの見つけ方

今回はあなただけ景気が良くなる起業のタネの見つけ方を。

起業したいけど自分には何もない。
何を売ればいいのか分からないという方へ質問。

「今までの人生で一番時間をかけてきたことは何ですか?」
「1年以上悩んだことはありますか?」

例えばモテたいとか
マラソンを3時間台で走りたいとか
仕事で英語を使えるようになりたいとか
おっぱい大きくしたいとか。(あれ?)

人は、1年以上もしつこく悩んだ問題に対して、
解決するために必ず何らかの行動を起こしています。

その1年間悩んだ知識があれば起業できます。

知識といっても100人中10位になれる位の知識で十分。

そしてインターネットビジネスと掛け合わせる。
悩んだ問題 × インターネットを使ったビジネス。

マラソンを3時間台で走れる知識があるとすると
それをインターネットを使って発信する。
ブログ・メルマガ・youtubeなど。

悩んだことに関してyoutubeに動画を
アップすることができれば、もう成功したも同然。

ネットとを使った時短起業は1年以内で成功できる。
なぜか?先に仮説を立てるから。

先に脳内で成功して、あとはやるだけ状態を作る。

本当に起業のタネは何でもいい。
つまらないと思うことでもニッチ過ぎることでも
何でもいい。

現在はサービスが多様化して、ニーズが細分化しています。
ニーズの細分化は新しいウォンツとなり、
個人の贅沢が生まれています。
細分化したニーズ(個人の贅沢)に企業は
いちいち全部応えられないから、
私たち個人が対応する必要がある。

こんなところに勝機があるのです。

世の中不景気になったってよく言うけど
それは間違い。
確かに9割は不景気になったけど、
1割は超景気がいい。

まだまだ世の企業はネットをうまく使えてません。
ってことは、ネットを使った掛け合わせビジネスは
一人バブル状態を作れるってこと。

私たちの時代が来ました。

もっと起業について知りたいならこれ↓

今だけ無料です。