地震や災害時にこそ考える会社に依存しない稼ぎ方

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
熊本地震でコメ農家の方が廃業しました。

80歳のご老人が一人でコメを作っており、
また一から田んぼのコンディションを整えても
最初の数年間は赤字間違いなく、利益が出るのは
5年後以降の見込みで、そんなに頑張れる気力がないとのこと。

その農家のコメを使っていた料亭も、
コメを入手できずに廃業を考えていましたが、
廃業したご老人に別の農家を紹介してもらい、
何とか命拾いしたそうです。

地震や災害で会社が休業状態になった場合、
国から特別措置が出る場合もありますが、
基本的に会社が給与を支払う義務はありません。

(引用:イアトリズム)

会社に依存するだけではダメ。
自営業なだけでもダメ。

じゃあどうすればいいの?

莫大な資本を元手に投資家になるか、
オンライン上に稼げる仕組みを作ることが大事。

私が以前勤めていた広告代理店も
東日本大震災の影響を間接的に受け倒産しました。
当時は日本全国どこも自粛ムードで、消費が減り、
いろんな業種が大ダメージを受けました。

給料が払われるかどうかも分からず、
通知も突然のことで、40代以上の幹部達が
真っ青になりながら職探しをしていたのを覚えています。

下請けだった印刷会社に半額の手取りでも
引き取ってもらった人はまだいい方で、
職が見つからずうつ病になった人、
何人かで起業したけどソッコー潰れてしまった人など
様々でした。
私も調子に乗って自営業なぞしてみましたが
とんでもなく痛い目にあっています。

本当に何が起きるか分からないこの時代、
いい加減自分で稼げる能力を身に付けましょう。

でもいきなり会社を辞めて起業するのは
絶対×1億回やめた方がいい!

会社に属しながら、周りが遊んでいる間に
こっそり準備するのが一番ローリスクです。

自分で起業の勉強するならまずは
ここに無料登録することから。

メールアドレスと名前を登録すれば、
あとは親切・丁寧に起業の勉強ができます。

もちろん私も学んで実践中です。
海外と日本を好き勝手に移動し、
お手伝い付きの生活ができるまでになりました。

共に自立した人生を。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

起業ビギナーよこの3点をあなどるなかれ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
一度起業して失敗しています。
理由は簡単。
起業の勉強をしていなかったから。

営業の仕方は新卒で入社してから10年以上ずっと
学んでいるけど、起業に関してはど素人。
いきなり起業してうまく行くわけありません。

周りが社長だらけだったので自分にもできると油断してしまいました。

そこで起業しても失敗しない最低限押さえておくべき項目を
私の体験をもとにまとめます。

大きく重要なのはこの3点。

・責任の範囲を決める

・契約書を交わす

・金額を事前にハッキリと決める

まずは責任の範囲を決めるから。

何社か一緒にあるプロジェクトを進めていたところ
イレギュラーな事態が起こってしまい、
誰が対処するか決めていなくて
責任の所在があいまいになりました。

結局余計な費用がかなり、クライアントに負担してもらうことになったのですが
なんとも後味が悪いですね。

クライアントとも一緒に協力していた外注先とも
うまく行かなくなってしまいました。

特にウェブメインの仕事だったため、
最初からカタチがない部分が多く、
責任の範囲がぼんやりし他のが原因です。

どこからどこまでを誰が担当するのか、
キッチリ線引きするのがトラブル回避の第一歩。

・契約書を交わす

前々からの知り合いだとなぁなぁになってしまいがちですが
契約書を結んでおくのが重要です。
なかなか言い出しにくいけど、
一度書面にしておくと、お互いに仕事の緊張感も保てます。

海外だと、就職するときでも必ず契約書にサインします。
自分の仕事の範囲はこれで、
こんな成果を出せるように努力しますって
書いてある契約書です。

日本で就職したときは雇用契約書なんて
聞いたこともなかったので驚きました。

・金額を事前にハッキリと決める

そして金額をちゃんと明示すること。
「知り合いなのにお金もらうのなんか悪いな」って考えは
ハッキリ言ってプロ意識の欠落です。

独立すると「これできる?」なんて気軽に仕事をもらえることもあります。
ありがたいけど、有料?無料?いくらで?ってモヤモヤした気持ちだと
いい仕事もできません。

値段のことを言いにくいなら、価格表を作っておくのがベターです。

そして振込期限もキッチリ決めておくこと。

「来月末くらいまでに入金お願いします」とか言ってたら
あっさり未払いで逃げられました。

本当に悔しいです。

お金関係のことはぜひもっとシビアになることをオススメします。

人気ブログランキング

起業のネタの見つけ方

今回はあなただけ景気が良くなる起業のタネの見つけ方を。

起業したいけど自分には何もない。
何を売ればいいのか分からないという方へ質問。

「今までの人生で一番時間をかけてきたことは何ですか?」
「1年以上悩んだことはありますか?」

例えばモテたいとか
マラソンを3時間台で走りたいとか
仕事で英語を使えるようになりたいとか
おっぱい大きくしたいとか。(あれ?)

人は、1年以上もしつこく悩んだ問題に対して、
解決するために必ず何らかの行動を起こしています。

その1年間悩んだ知識があれば起業できます。

知識といっても100人中10位になれる位の知識で十分。

そしてインターネットビジネスと掛け合わせる。
悩んだ問題 × インターネットを使ったビジネス。

マラソンを3時間台で走れる知識があるとすると
それをインターネットを使って発信する。
ブログ・メルマガ・youtubeなど。

悩んだことに関してyoutubeに動画を
アップすることができれば、もう成功したも同然。

ネットとを使った時短起業は1年以内で成功できる。
なぜか?先に仮説を立てるから。

先に脳内で成功して、あとはやるだけ状態を作る。

本当に起業のタネは何でもいい。
つまらないと思うことでもニッチ過ぎることでも
何でもいい。

現在はサービスが多様化して、ニーズが細分化しています。
ニーズの細分化は新しいウォンツとなり、
個人の贅沢が生まれています。
細分化したニーズ(個人の贅沢)に企業は
いちいち全部応えられないから、
私たち個人が対応する必要がある。

こんなところに勝機があるのです。

世の中不景気になったってよく言うけど
それは間違い。
確かに9割は不景気になったけど、
1割は超景気がいい。

まだまだ世の企業はネットをうまく使えてません。
ってことは、ネットを使った掛け合わせビジネスは
一人バブル状態を作れるってこと。

私たちの時代が来ました。

もっと起業について知りたいならこれ↓

今だけ無料です。