完璧主義は毒。さっさとやる。

さっさとやること。

7ヶ国で働いてきて思うのですが
日本人って本当に完璧主義者が多い。

よその国の人たちって
「良くこれで提出できたな」レベルで
何でも持ってきます。

「この図は後で調べて入れます。」とか
半分くらい白紙で「この部分は相談したくて」とか
そんな感じ。とりあえず出すってスタンス。

それに比べて日本人のこだわりようったら。

このグラフを完成させてからとか
もっと資料を集めてみようとか。

時と場合によるでしょうが、
ほとんどの場合、仕事って早いが正義です。

完成させて方向性が間違っていたら
もう目も当てられません。

それなら途中でも提出してもらって
一緒に確認して作り上げた方が
完成も早いし楽。

とりあえず何でもさっさとやること。
脱・完璧主義。

このブログを見てみてください。
直した方がいいところはたくさんあるんです。
でもいいの。
ウジウジ完璧主義者を気取るより、
さっさと行動した方が実りは早いので。

私が最初に海外で働くことになったときも
スピードがモノを言いました。

マカオでのプロジェクトがあって
一番に名乗りを上げたのが私だったってわけです。

とりあえず何も分からないけど
ソッコーで行きたいです!って
メールしました。

「いつから来れる?」って聞かれたので
「いつからでも!」って答えました。

これが決め手です。

何でもスピーディーにこなして
フットワークも軽く。

履歴書を完璧に仕上げないとなんて考えてもいませんでした。

一番最初の海外だったし、マカオなんて全然知らないし
本当は「いつからでも!」なんて心境では全くなかったけど
「行ってみたい」って気持ちは絶対的にあったから。

遅くなればなるほど、精度の高いものを求められます。

早ければそこまで求められません。
スピードに驚かれて好印象です。

これはYESの返事をするときはもちろんですが
NOの返事をするときも同じこと。

知り合いに会合に誘われて何となく断りづらくて
「ちょっとスケジュール確認します」なんて
曖昧にボヤかしたらもうおしまい。

相手から「今度の会合大丈夫?」って聞かれてから
慌てて断る始末。

直前になって断るのって相手にも失礼だし
自分の精神もガッツリすり減ります。

気が乗らないときはその場で断りましょう。
「すみません。あいにく先約があって」で
見事解決です。

その場ですっぱり断ると相手もそれほど
嫌な気持ちになりません。

「後で返事します」って言われて断られると
ちょっと期待しちゃった分ちょっとガッカリ。

YESもNOも返事はさっさと。
完璧主義にも今日でバイバイ。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/griter/osmes.work/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/griter/osmes.work/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/griter/osmes.work/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください