7ヶ国で働いた私が教える! 使える英語を最短最速で身に付ける方法

今まで7ヶ国で働いてきました。

世界から改めて日本を見て驚くことは、
ほとんどの人が英語を勉強して満足してるってこと。
TOEICでいい点取って終わりではなく、英語って手段の一つ。
コミュニケーションの道具であって、
その先に目標があることが大事です。

なので最初に英語を使ってどうなりたいか、
何を目指しているのかを決めるのが大事。

外国人の友達を作るための英語と
外資系で働くための英語は違います。

英語を勉強する意味を見つけたら、
次はその分野に思いっきり偏ること。

外資系に入りたいなら
面接用の英語、英文履歴書の書き方、募集要項の読み方など。
特定の分野に絞って取り組んだ方が圧倒的に速いしラク。
目標もあるから吸収力も違ってきます。

英語を使う仕事をしたいのに、「レストランでの注文の仕方」
なんて英会話から学んだりしたら恐ろしく遠回りです。

分野を決めた後は軽く文法をおさらい。
中学校の英文法レベルで十分です。
中学校の教科書が残ってる人はそれを使ってください。
ない場合はこれがオススメです。

すみずみまで細かくやる必要はなくて、1週間くらいでざっと見直す感じ。

単語に自信がないなら簡単な単語帳を1冊仕上げてください。

私が使っていたのはこれ。

80%くらい理解できてれば十分です。
最初から最後まで見直したら、また最初に戻って
3回繰り返しましょう。
できるだけ早く3回転させるのがコツです。

単語帳での勉強って記憶に残りにくいので、
必要な単語は出会った瞬間に覚えるのがベスト。

次はディクテーション。
できるだけ堅苦しくない教材を選んで、聞き流しつつ
英文を書き起こしてください。

ちなみに私の愛用書はこれ。

現在在庫切れみたいですが、中古で買う際は必ずCD付きかご確認を。

通訳スクールに通っていた時にこの方法を学びましたが
めっちゃ疲れます。
aとかofとかwithとか抜け落ちて全然聞こえません。
文法の理解不足が露呈されますが、ノートに書き殴ってください。
こんなに英語書きまくっている!ってのが自信になります。

そして最後は暗記。
自分が決めた分野で使う英語の定型分を暗記しまくります。
私は恋愛でもレストランでもなく、ビジネスで使う英語を学びたかったので
これを使ってました。

音声だけならアルクのアプリから無料ダウンロードできます。

ここまでやればもうほぼゴール。

スキマ時間に瞬間英作文アプリや(1200円となかなか強気な価格設定ですが)
スタディサプリ ENGLISHで遊び、
オンライン英会話で実践を積めば立派に海外で働けます。

私のtwitterでも日常会話で役立ちそうなフレーズを
垂れ流しているので、たまに眺めて見てください。

検討を祈る!


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/griter/osmes.work/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/griter/osmes.work/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/griter/osmes.work/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください